薬剤師の求人の選び方と守谷の薬剤師求人の傾向

専門的な資格を有して働くことになる薬剤師の仕事は、非常に魅力的な仕事です。全国どこであっても必要とされることになる仕事であり、求人も比較的見つけやすいです。しかしどの求人でもよいというわけでもありません。

自分に合った就職先を見つけるための薬剤師の求人の探し方と守谷における薬剤師の求人傾向について紹介します。

薬剤師としての仕事を選ぶポイントと、年収800万円以上の求人を見つける方法

まずは職場に求める条件を見つめなおす

薬剤師として活躍するために薬剤師の求人を探して、就職活動をする前に、まず初めにすべきことは、自分自身が望む職場の条件とは何かを考えることです。

職場・就職先・仕事に対して何を一番に求めるのかは人によって異なります。薬剤師としての能力や経験を積むことを第一に考えて職場選びをしたいのか、職場までの距離が自宅と近いことを一番に望むのか、ライフワークバランスの取れた働き方ができる福利厚生がとれた勤務先を最も望むのか、理想とする医療体制を実施している勤務先に勤めることを望むのか、給与が多くもらえることが一番良いのか、これらのことを見つめなおすことが必要となります。

ただ薬剤師になりたいとだけ考えて求人を探し始めると、目先の利益にばかりとらわれてしまい、結果的に就職活動に失敗してしまうことになりかねません。働き始めてから、自分の望む働き方ではないとわかってしまうと、長く働き続けることができず職を失ってしまうことになるでしょう。

その失った時間のうちに、希望に叶う就職先の求人が埋まってしまうかもしれません。このような事態を防ぐために、まず何を就職先に求めているのか条件を見つめなおし、なおかつそれらの順位付けをすると求人探しがスムーズになります。

薬剤師の働く場所

一口に薬剤師といっても、様々な場所で活躍しています。身近な存在な薬剤師もいれば、直接的にかかわることのない薬剤師というものも存在しています。働く場所によって仕事内容も大きく異なるので、勤務形態などとともに仕事内容を確認することも重要です。

多くの人々が身近な存在と感じている薬剤師は、ドラッグストアの薬剤師でしょう。医薬品のほかに日用品や化粧品などといった様々な品物をそろえているドラッグストアでは、通常のスタッフのほかに薬剤師も働いています。

比較的給与が高いことが特徴であり、基本的に毎日開いているドラッグストアですが、薬剤師が働くのは平日だけといった勤務体制も多いです。ドラッグストアの薬剤師は、調剤の仕事をすることもありますが、アレルギー薬や胃薬などといった第一医薬品の販売を請け負うことが多く、通常のスタッフと同様にして接客や掃除、レジ打ちなどの仕事も同時並行に行うことが多いとされています。

調剤薬局で働く薬剤師というものも数多く存在しています。最もイメージされやすい薬剤師の仕事であり、病院の中や病院の近くに建てられた調剤薬局に勤めて医師が記した処方箋の内容に沿って正しい分量の薬を調合して患者に渡すことが主な仕事です。

調合をした薬を渡す際には、薬に関する説明責任があり、どのような効用や副作用があるのか、正しい服用の仕方を説明することになります。薬に関する様々な悩みについて相談に乗ることもあるでしょう。薬の調合だけが仕事ではなく、薬の発注や店内の衛生確保も仕事です。

また、総合病院などで働く薬剤師も存在しています。病院では医療のために様々な薬が用意されているほか、入院患者のための薬剤管理も必要です。調剤薬局で行う仕事と類似している部分もありますが、調剤薬局では患者に渡す飲み薬や塗り薬などを処方することに比べて、病院の薬剤師は点滴薬や注射薬の調合をすることがメインとなります。

医師や看護師のサポートをしてチーム医療を行うとともに、患者に寄り添うことが仕事です。このほか、製薬会社で働くことも薬剤師の活躍の仕方のひとつです。怪我や疾患の治療のための薬剤の多くは、製薬会社の研究と開発のもと生み出されたものです。

そのように新たな薬を開発して、医療現場に貢献することが製薬会社で働く薬剤師の仕事となります。薬の研究と開発以外にも、臨床実験に付き添って実験データを集めることもあります。薬剤師の仕事とは離れますが、薬剤師の資格を持っていることで、このような製薬会社においてMR(医薬情報担当者)として営業活動をすることもあります。

製薬会社で働く場合、サラリーマンのような勤務体制が多いです。

目的別に選ぶ薬剤師の働く場所

薬剤師の活躍できる場所は様々ありますが、仕事の内容がそれぞれ異なるほか、同じ職種であってもかかわる医療体制が異なれば働き方も大きく異なります。また、施設の規模によっても働き方が変わるので、その点を知ったうえで求人を確認することが重要です。

働きやすさや給与の高さを目的として働く場所を選ぶのならば、調剤薬局やドラッグストアで働く方が融通が効くことが多いです。調剤薬局やドラッグストアというものは全国どこにでも存在しており、通勤時間が短いです。

大手の店舗ならば、社員教育も充実していることが多く、安定感も高く、人間関係に悩んだならば移動することも可能です。地域密着の店舗ならば、異動も少なく、給与が高いです。このほか、育児制度や介護制度などが充実している求人も探せば見つかります。

薬剤師としてスキルアップしたいと考えているのならば、調剤薬局に併設しているドラッグストアや取り扱い品目の多い薬局、資格取得をサポートしてくれる制度のある薬局を選ぶと目的をかなえることが可能です。患者と深くかかわる仕事をしたい場合には、病院の薬剤師になるほか、かかりつけ薬局の薬剤師、在宅医療に取り組む薬局の薬剤師となる方法があります。

もし薬剤師としてだけではなく、医師や看護師と協力してチーム医療にかかわっていきたいのならば、病院の薬剤師や在宅医療にかかわる薬剤師となるとよいでしょう。

薬剤師の求人の見方

薬剤師の求人は、ドラッグストアの張り紙やハローワーク、求人雑誌に新聞の求人欄など様々な場所で探すことが可能です。薬剤師の求人の見方にはポイントがあります。

基本的な求人の見方である、給与や勤務体制、福利厚生の確認をすることはもちろんですが、経営年数や家族経営やベンチャーなどといった経営形態を見ることも重要です。これらのことから、職場の雰囲気を感じ取ることができます。

このほか、退職金の有無、従業員の平均勤続年数、施設内の相談制度がしっかりしているのかを確認することも必要です。また、ネット上に求人が出ていることも多いですが、この情報だけを頼りにすることは避けるべきでしょう。

最終的に決定する前に、職場を実際に見学することも重要です。実際に働く薬剤師たちの様子を観察するほか、職場体験をしてみると後悔することも少なくなります。

守谷の薬剤師求人

茨城県をはじめとした、守谷の薬剤師の数は、全国平均と比べると少ない傾向にあります。給与も平均よりは低いです。しかし、医薬分業化は進みつつあり、医療の発展してきている地域でもあるため、調剤薬局の数もどんどん増えることが予想される地域でもあります。

このことから、守谷の薬剤師の求人は、今後条件もよく増えていく可能性が考えられるでしょう。

守谷は茨城県の南部地域にあり、東京のベッドタウンとしての役割も持ち、人口が多いです。

エクスプレスも走り、交通の利便性も高くなり、さらなる発展が進んでいる地域であることから、薬剤師としても働きやすい求人が多いといえるでしょう。茨城県に特化した転職サイトやハローワークを活用すれば、よい求人が見つかる可能性が高いです。

東京における薬剤師の求人では土日はどんな扱いか

条件をしぼり薬剤師として活躍を

薬剤師は、薬剤のエキスパートとして様々な場所で活躍することができます。ドラッグストアや調剤薬局、病院に製薬会社などといった場所で働くことができ、職種や施設規模などによって仕事内容は大きく変わるでしょう。

守谷の薬剤師求人は、今後条件の良い求人が増えることが予想され、薬剤師にとっては働きやすい土地とも言えます。求人情報と自分の働く条件を比べて、長く薬剤師として活躍してください。

Posted on